太陽光発電架台 » ソーラーシェアリング 農地転用について

ソーラーシェアリング 農地転用について

基礎一体型架台であれば農地に置くだけ!
コンクリ基礎いらず!撤去も楽に行える!
コンクリ残骸が残らず、すぐにそのまま農地として普及します。

(農作物によって設計が異なりますので、あぜ道の併用など多岐にわたります)

私たちはシステムインテグレーターです 強度設計、計算しっかり行います

農業と太陽光発電事業

ソーラーシェアリングとは?

農地の上に太陽光パネルを設置して太陽の光を農作物と太陽光パネルで二分するというものです。

農林水産省は「支柱を立てて営農を継続する太陽光発電設備等についての農地転用許可制度上の取扱いについて」を平成25年3月に公表し、これまで太陽光発電設備等の設置は支柱の基礎部分が農地転用にあたるとして認められていませんでしたが、平成25年3月に発表した内容の条件を満たせば「一時転用」が可能となりました。

北海道の広大な農地を利用して太陽光発電事業も始めてみませんか!?

ソーラーシェアリングをお手伝い

太陽光発電の架台メーカーだからこそできる「短納期」「安全性」「設計・設置」「価格」をお客様にご提供致します。

ソーラーシェアリングのメリット

・設置面積の制約がなくなり、現在農地として活用している場所に設置が可能

・農地は元々日当たりの良い所なので、太陽光発電も安定した発電が可能

・棒状の架台は通常の太陽光架台より安価に製造することが可能    等々

ソーラーシェアリングの普及

【出典】「農作と太陽光発電を両立させるシステムの事業化可能性調査」
(http://www.d3.dion.ne.jp/~higashi9/tiken3.pdf)

「材質」「完成度」「安心度」どれを取っても、安心と信頼の技術力を兼ね揃えています。

トップクラスの施工実績

»安心の施工実績はこちら

太陽光発電は北海道全域対応可能
  • 太陽光発電の見積もり
  • お問い合わせ

ソーラーシェアリング 農地転用について 太陽光発電事業

copyright(c)2012 北日本サッシ工業株式会社, All Rights Reserved.